travesti
travesti
travesti
入り交じる期待と警戒感=今後の政策注視-台??米大統領就任

台?はトランプ米大統領に?する期待と警戒感の入り交じった複?な反?を見せている。蔡英文政?はトランプ氏の政策を慎重に見極めた上で、今後の??を判?する考えだ。
 蔡?統は21日、トランプ氏に祝意を表明。「米?は?際的に最も重要な盟友であり、台?と自由、民主、人?の共通の??を有している」と指摘し、一党?裁体制にある中?との違いを強調した。
 トランプ氏は中?本土と台?を不可分とする「一つの中?」原則にこだわらない姿勢を示し、昨年12月には蔡?統と電話?談を行った。「米台?交後、台?に最も友好的な米大統領」(地元メディア)とみられており、?立派を中心に台?の?際的な地位向上につながるとトランプ氏に期待を寄せる。
 一方で、米台接近が中?を刺激し、昨年5月の蔡政??足後に公式?話が途?えている中台?係がさらに?化することを懸念する?も少なくない。電話?談後に西アフリカの島?サントメ?プリンシペが台?と?交し、中?海軍の空母「遼寧」が台?を一周する形で航行した。一連の動きは中?の台?に?する「警告」と受け止められている。
 中台?係の「現?維持」を?げる蔡?統も中?との間で無用な波風を立てたくないというのが本音だ。米中2大?のはざまで蔡?統は今後難しいかじ取りを迫られそうだ。中台?係に詳しい台?師範大?の范世平教授は「トランプ氏は台?を中?との交?カ?ドとして利用し、交?がうまくいけば見捨てる可能性がある」と述べ、過大な期待は禁物だと戒めている。

 
資料來源: JIJI/ 報導日期: 2017-01-21 點閱人次: 225人
上一筆
下一筆
上一筆